MENU

 

50代になって、何だか最近体がダルかったり、疲れやすいといった症状から、やがて身体的な症状として

 

 

中折れ

 

 

を感じるようになったなんて人が多いです。

 

 

そもそも50代の中折れの原因とはどういったことが原因なのでしょうか?

 

 

こちらで詳しく書いています。

 

 

50代の中折れと男性更年期障害の関係性とは?

 

50代で中折れを感じてる人の多くは、男性更年期障害であることが多いです。

 

 

男性更年期障害とは?
更年期というと、女性のイメージが強いのですが、最近では男性にもあると言われていて、「LOH症候群」などと言われています。

 

 

男性ホルモンであるテストステロンが減少することで、集中力が低下したり、無気力、不眠といった症状から、性欲低下、勃起障害などが言われています。

 

 

男性更年期障害だから50代の中折れが起きるとか、中折れだから男性更年期障害かもしれないという単純なことでなく、

 

 

男性の身体の衰え=中折れや性欲低下

 

 

といったことから、男性ホルモン(テストステロン)の減少が男性にとっては、大きな問題だということを理解しておく必要があります。

 

 

男性更年期障害はどういったことを引き起こす?

 

中折れや性欲低下といったこと以外にも、

 

 

高血圧

糖尿病

動脈硬化

うつ

 

 

このような病気を引き起こす可能性もあります。

 

 

ただ50代の健康な方であれば別ですが、ほとんどの50代の方であれば気になるような病名であったり、生活習慣病ですよね。

 

 

だから、50代の中折れを改善する努力をすることは、自分の健康状態を見直す意味でも重要なのです。

 

 

50代の中折れや男性更年期障害を治すには?

 

50代の中折れや男性更年期障害を治していくには、生活習慣を見直す必要があります。

 

 

もちろん病院で相談するといったことも選択肢としてありますが、薬を処方されて、一時的に改善することもあるかもしれませんが、毎日の習慣を正していかない限りはまた症状がひどくなったり、薬を飲み続ける必要が出てくるかと思います。

 

 

なので、

 

 

・軽い運動をする

 

・タバコやお酒を控える

 

・身体にいい栄養をとる

 

 

これらを日々気をつけておくようにしましょう!