MENU

 

50代にもなると色々な健康面に問題が出てきてしまいがちです。

 

 

そんな中でも、当サイトでは、

 

 

立つことは立つけど途中で萎えてしまう

昔よりも立ちが弱くなった

若い女性と行為をすると情けなくなる

妻と夜の生活を営みたい

 

 

このような男性に向けて、「いかに中折れを治していくか?」を書いています。

 

 

このサイトを参考にして頂くことで、50代の中折れになる原因といったことから、必要になる対策法がわかるようになっています。

 

 

是非最後までお付き合い下さい。

 

 

50代でも中折れせず現役でいたい

 

50代でも多くの人が考えることは中折れせずに若い時のように夜の生活を楽しみたいといったことではないですよね。

 

 

相手が奥さんであれ、彼女であれ、風俗嬢などであれ、

 

 

「どんなタイミングでも構えずに出来る」

 

 

こんな喜びはないと思います。

 

 

私自身、50代になって以前よりも立ちが悪くなったり、中折れをしてしまうといったことを経験しています。

 

 

一つ言えることは、50代の中折れはしっかりとした対策をとれば十分に改善出来るということです。

 

 

50代の中折れはED治療薬を飲めば治せる

 

50代の中折れで一番手っ取り早いのは、

 

 

バイアグラ

レビトラ

シアリス

 

 

といったed治療薬を使うことです。

 

 

それぞれの特徴をざっくりと説明すると、

 

 

バイアグラ

 

ed治療薬といえばバイアグラというぐらい有名で、歴史も長いことから一番安心して使える薬です。

 

 

行為の1時間前から飲めば十分に効果を感じることが出来ますし、空腹時であれば30分程度で効果が出始めます。

 

 

作用時間は5時間程度です。

 

 

レビトラ

 

バイアグラと同じような効果ですが、バイアグラよりも即効性があり、食事の影響を受けにくいのが特徴です。

 

 

シアリス

 

バイアグラやレビトラと違って、持続性があります。

 

 

20時間以上も持続する反面、効果が出るまでに3時間ぐらいかかります。

 

 

食事の影響も最も受けにくいので、一番始めやすい薬かと個人的に思います。

 

 

できれば薬なんか使いたくない

 

50代の中折れに限らず、先ほど紹介したed治療薬は一番確実な方法ではありますが、デメリットがあります。

 

 

それは、

 

 

副作用がある

根本的な治療にはならない

 

 

順番に説明します。

 

 

副作用がある

 

ed治療薬は医薬品なので、効果がある反面避けられないのが副作用です。目の充血、顔のほてり、動機、頭痛などがあります。

 

 

個人差がありますが、行為ができないぐらい頭痛や吐き気があったという人もいれば、ほとんど副作用を感じなかったという人もいます。

 

 

私は頭痛や動悸を感じるようになったので服用を中止しました。

 

 

根本的な治療にならない

 

ed治療薬はどちらかいうと、その場しのぎの解決法になります。

 

 

例えば、中折れの原因が精神的なもので、ed治療薬で「問題なく行為ができる」といった自信がつくことで治る人もいますが、50代の中折れは生活習慣などが原因となっていることがほとんどなので、ed治療薬を飲んでも根本的に治るといったことは難しいかもしれません。

 

 

そもそも50代の中折れはなぜ起こる?

 

50代の中折れは、そもそもが勃起できる身体の状態でなくなっているということが考えられます。

 

 

目立つのは、

 

 

血流が悪い

テストステロンの低下

 

 

この2つです。

 

 

勃起というのは、ペニスの海綿体へしっかりと血液が流れ込み、それをうまく維持しなければなりません。そのために重要になるのが一酸化窒素です。

 

 

一酸化窒素はペニスへの血管を拡張することで血液が送り込まれる状態を作ります。なので、50代の中折れ対策を考えるなら、一酸化窒素を増やすことは不可欠です。

 

 

また男性ホルモン(テストステロン)は20代をピークに減少していき、50代となるとそれが症状となって現れてくる人も多く、性欲減退やedだけでなく、気分の落ち込みなど精神的な症状も出てくる人もいます。

 

 

男性更年期障害などとも言われ、医師にかかる人もいるぐらいなので、一酸化窒素だけでなく男性ホルモン(テストステロン)を増やすような栄養も摂っていくことが大事です。

 

 

間違った50代の中折れ対策・・・

 

50代の中折れ対策では、病院に行けばとりあえず

 

 

ed治療薬

 

 

を勧められます。

 

 

それ以外であれば、マカやまむし、すっぽんなどの栄養ドリンクを飲む人も多いみたいですね。でもああしたドリンクは、栄養ドリンクであり、飲んで何となく体が元気になるといったことはあるかもしれませんが、中折れが治るといったことはありえないと思います。

 

 

コスト的にも、1本1000円から2000円などするので継続するのも難しいです。

 

 

勃起するために必要な栄養をとって治していくという考えは間違ってはないですが、毎日習慣的にとっていかないといけないので、毎日そうした栄養ドリンクを飲むということであれば、まだ効果的だと思います。

 

 

ただ、今であればコスト的に考えても、もっと必要な栄養素を配合したサプリなどもあるので、栄養ドリンクから摂る必要性はないと思います。

 

 

50代中折れ対策で必要なこと!

 

50代の中折れ対策では、

 

 

適度な運動をする

タバコ、お酒を控える

必要な栄養をとる

 

 

といったことがあげられます。

 

 

ただ私の場合は、タバコもやめられませんでしたし、運動といった週に1回程度始めた程度です。必要な栄養を摂ることが一番手っ取り早い方法でした。

 

 

50代の中折れであなたがやるべき事とは?

 

今のあなたの状態を作り出したのは全てあなたがこれまでしてきた生活習慣です。何十年もしてきた生活習慣を変えろという方が無理があるので、50代の中折れ対策で肝心なのは「できることからやっていく」ということです。

 

 

私自身そうだったのですが、長年吸ってきたタバコをやめることもできませんでしたし、お酒も量や回数は減らしましたが完全にやめるまでには至りませんでした。

 

 

なので、私が50代の中折れを治すためにやったことをまとめると、

 

 

週に1回から2回程度のジョギング

お酒を少し減らす

必要な栄養をとる

 

 

この3つです。

 

 

必要な栄養に関してはさっきのところでいったような栄養をふんだんに配合したサプリをとることにしました。

 

 

私が実際に飲んでいたサプリを1位にして、あとは現状で中折れ対策として人気のサプリをランキング化しておきました。

 

 

クラチャイダムゴールド

 

 

ghプレミアム

 

 

 

 

50代の中折れ対策まとめ

 

ここまでで紹介したきた方法をとるだけで、途中で萎えてきてしまうといった症状が全くでなくなりました。

 

 

肝心なのは、「なんだか最近調子が悪くなってきた・・・」という段階でしっかりと対策をとっていくことです。

 

 

というのも、全く立たないようなEDは精神的なことも大きな原因となるからです。

 

 

一度中折れを経験してしまうと、次からそれが余計に不安を呼び起こして、心因性のEDを引き起こす可能性があります。

 

 

なのでここで書いたことをすぐにでも実践して頂くことが、早期の中折れ対策に非常に重要です。

 

 

できることからはじめてみて下さい!